オークションを代行してくれる業者と各社の手数料

オークションを代行してくれる業者と各社の手数料

自分の持っている車を売却する手段の1つとして、オークションの代行業者があります。代行業者は、メリットは大きいと思いますね。
まずそもそもオークションに出品するのは、売却額が高くなるケースが多いです。買取専門店のように諸々の手数料が発生しませんので、売却額も高めになる傾向がある訳ですね。

 

ただオークションにはデメリットがあって、かなり手間がかかります。落札者からのクレームや、入金トラブルなどが、多いようです。そのようなトラブルが発生するとなると、自力でオークションに出品するのもなかなか大変ですね。

 

代行業者に依頼するメリットは、その手間を省けることです。面倒な事を全て代行してくれる訳ですから、メリットは大きいかと思います。

 

ただしオークションの代行業者を利用するとなると、手数料が発生します。具体的にどれくらいの手数料がかかるかというと、数万円目安ですね。
例えば代行業者の手数料に、落札手数料というものがあります。その手数料もそれぞれ5万円前後や3万円前後など、各会社によって違いがあります。ですので落札手数料の高低は、各業者を比べる基準の1つになるでしょう。

 

しかしオークションの代行業者の手数料は、他にもあります。入札料金や成約料など、色々な手数料がありますね。前述の落札手数料だけに注目すると、5万円の業者の方が割高なように見えるかもしれません。上記の3万円の業者の場合、成約料が別途発生する事があります。もしも成約料が4万円なのであれば、上記の5万円の業者の方が割安です。出品手数料だけでなく、複数の手数料に注目するべきだと思います。インプレッサ 買取

 

なおネットで代行業者の情報を調べますと、上記のような手数料が一覧表形式で表示されているようなサイトもあります。そのような比較サイトを見てオークション代行業者を選ぶのも、1つの方法です。