オークションによる車売却のデメリットは手数料

オークションによる車売却のデメリットは手数料

オークションは、車を売るための手段の1つですね。現にそこで高く売っている方も多数いらっしゃるのですが、それにはデメリットもあります。
手数料ですね。

 

現時点では、代表的なオークションは4種類ありますね。それぞれシステムなどが色々と異なるのですが、手数料がかかる点は共通しています。
例えばあるオークションの場合は毎月400円前後の手数料が発生しますし、別の所は300円前後となります。ちなみにそれは、出品してもしなくてもかかります。

 

それとキャンセル料ですね。オークションでのキャンセルは、原則として有料になります。たいていの所では500円前後ですね。もっとも状況によっては、更に上乗せの手数料が発生する事もあるのですが。

 

またオークションで車を売るためには、もちろん出品をしなければなりません。オークションによっては、その際にも手数料がかかります。
このようにネットオークションでは、色々と手数料がかかるのがデメリットですね。時にはオークションで車が落札されない事もあるでしょう。入札がゼロで終わってしまっても、手数料は発生してしまう訳です。

 

ところが車買取の業者の場合は、そうではありません。車の査定を行ってもらう分には無料ですし、それで業者に売らなかったとしても手数料はゼロ円です。出張費用もかかりません。

 

キャンセル料は、業者によって色々ですね。たまにかかる所もあるそうです。しかし原則としては無料です。たとえ契約書にサインをした後でも、キャンセル料は無料になる所が多いですね。
【ミラ買取】最高額を導き出す法則

 

つまり業者の場合は売らなくても手数料が発生しないのですが、オークションの場合は発生してしまうのです。手数料の意味では、買取業者の方がメリットが大きいと言えるでしょう。